テクニック

LINEを100回するより、リアルで1回会え

こんにちはヒモ男です。

 

今回はご存じLINEについて話していきます。
っていうか否定します笑

 

 

この前スマホの機種変したとき驚いたのですが、
最近だとLINEって最初から入ってるんですね。
いや前の機種も最初から入ってたかな・・・?

 

そんないまや全国民が使っているのではないかという
最強連絡SNSツールのLINEなんですが、
当然恋愛という場面においても使いますよね?

 

デートの相談、
他愛のない雑談、
ご機嫌伺など・・・
もはやLINEは切っても切れない縁と言っていいでしょう。

 

 

現に恋愛における悩みの半数近くは
LINE関連だったりします笑
「相手が未読無視してるんじゃないか心配です・・・」
「このLINEって脈ありでしょうか・・・?」
「ここで既読つけて終わっていいでしょうか・・・?」
などなど。

 

既読未読言い始めたら終わらんだろ・・・笑
っていっつも思っちゃいますね。
まぁとにかくLINEを題材に悩みを抱える人が多いですが、
正直解決できる方法って1個しかないんですよね。

 

 

 

既読無視・未読無視を解決するには

LINEが始まった当初は既読無視って言葉はあったけど、
最近は未読無視なんて言葉も出てくるくらいで、
メールが主流だったころはどうだったんだろう?
とか思うこともしばしばですが、
基本的にこの既読無視・未読無視問題を
解決する方法は1つしかありません。

 

 

既読無視・未読無視が発生した要因

そもそも何で既読無視や未読無視が
やってはいけないことみたいに
認知されたんでしょう?

 

僕はLINEをかなり初期から使っていて、
当時はまだメールが現役でLINEはごく数人で使っていました。

 

当時のことを考えると、
メールとLINEの大きく異なる点は
LINEの方がメッセージの到達速度が速いから
コミュニケーションが活発にできることと、
LINEには既読がつくってことくらいだったと思います。

 

メールの時は既読が付かないから
とどいてないのかな?とか思ったりするけど、
LINEだと既読が付いた瞬間、
もう読んだ!すぐ返信しろ!ってなってるんですよね。

 

つまり会話する相手との距離が
電子上で近くなった、ということ。

 

距離が近くなると、
相手における信頼性も高くなることになります。
友達でもリアルで会う身近な人の方が
Twitterのフォロワーでしかない人より信頼がおけますよね。

 

 

LINEの台頭でコミュニケーション不足になったのか?

スマートフォンが登場してからは
特にそうですが、
「人と人とのコミュニケーションは薄くなった」
ってよく何らかの専門家の人が言ってますよね。

 

あれってどうなんですか?
そりゃLINEの方が連絡するには便利なんだから、
そっち使うだろ、直接会うよりラクだろ・・・って
所詮Eメールくらいしか使えないアタマでっかちが
言ってんだろ・・・古代人ジジイが・・・。
って思ってたんですが、
この説、一理あるなって最近思ったんです。

 

 

先程の電子上での人と人の距離が近くなったという
話に戻りますが、
要は電子上でのやり取りに信頼性が出てきたんです。

 

だから相手がスクリーンの向こう側にいることが
まぎれもないことだと分かっているし、
相手が読んだか否かを確認できる。
それが信頼性に繋がったんだと。

 

 

しかし、
所詮LINE上での意思疎通って
無機質な文字だけなんです。

 

だから相手がどんな表情で
この文を読んでいるかは想像もつかないし、
受け手側も相手がどんな気持ちで送ってきたかも
わかりません。

 

小説は作家がひねりにひねって考えた
素晴らしい文章があるから情景や気持ちが
伝わりますが、所詮我々は素人。
文字を書くということに関して言えば
無味無臭で内容以外の
当事者の気持ちが全く乗らないんです。

 

すなわちLINEでの文章は
言いたいことの内容は伝わるけど、
そこに介在する相手の気持ちが分からないって
ことなんです。

 

そう考えれば確かに
本当のコミュニケーションとはいえないし、
現代人の意志疎通がへたくそになったと
言われても納得できなくもないのです。

 

 

文字を書くのが苦手でどうしようもない日本人

日本人はそもそも書くのがヘタです。
国語の授業はあるけど、
読み書きいうくせに、
漢字の読み方とか要約の仕方とかは
念入りに教えるけど、
自分の気持ちを伝えるための文章を書く
授業ってないんですよね。

 

こういうのをライティングっていって
アメリカとかだと当たり前の授業なんですが、
我々日本人が書き下手なのはある意味
教育されてないからともいえるでしょう。

 

だからブログとかTwitterとかやると分かるんですが、
ちゃんと人に見てもらえるような文を作ろうと
思うと、これがなんと頭の痛いことか・・・。

 

今でこそほんの少し慣れた私ですが、
それでも一番大変なのは書いてるときです。
システムとかそういうのは
検索すれば解決するんですが、
自分の言いたいことを文章に載せるっていうのは
あまりに難しすぎて途方に暮れることもしばしば。

 

 

という風にSNSですらまともにうまく発信できない
我々日本人ですから、
LINEをうまくやろうなんてのは
大間違いでハナっから
LINEで相手を好きになってもらおうなんて
おかしな話なんです。

 

 

LINEを過信しすぎ。誤解かもしれないじゃん。

文章で全て構成されるLINEを
書くのが苦手な日本人が
使おうなんて、なんでそんなことがまかり通るのか。

 

そう考えると、
LINEの文章で相手が自分のことをどう思っているか
判断するとかバカバカしくなってきません?

 

だって相手も日本人なら
ライティングに関してはズブの素人。
言いたいことや主張、自分の気持ちを
伝えきれてないんですよ?

 

それなのにLINEに書いてあることを
鵜呑みにしてそれがすべてという風に認知するのは
ちょっと気が早いんじゃないかと。

 

 

例えばいきなり絵文字やスタンプを使わなくなったのは
相手が怒っているからではなく、
ホントに信頼できる相手に昇格して
素の着飾らない文章になったからとか。

 

返信が遅いのは
相手が嫌がっているのではなく、
遅くても怒られないと信用しているからとか。

 

相手が送った文の意味と
こっちが受け取った意味が必ず一致するなんて
決めつけない方がいいです。(逆の場合も)
だって僕らヘタなんですもん。書くのが。

 

伝えようとしても伝わってないし、
余計な誤解がどこからともなく
湧いてでてきているかもしれないんです。

 

 

会うに勝るコミュニケーションなし

じゃあ女子と仲良くなりたいなら
どうすりゃいいんだよ!!!!
って思うかもしれません。

 

 

僕は一言、「会え」ってだけ言います。

 

結局人間実際会って話すこと以上に
効果の高いものってないんです。

 

なぜなら実際に会って話すと、
LINEでは分からないことが
いくつも分かるようになります。

 

表情、雰囲気、声色、息遣い、
タイミング、間、空気、
動作、クセ、目線、などなど。

 

あげていくとキリがないですが、
人間はコミュニケーションする際、
言葉そのもの以外の部分で判断する場合が
とても多いのです。

 

どんなに親切なセールスマンでも
貧乏ゆすりばかりしていたら落ち着きない人だから
買うのやめとこ。とかなりますよね。

 

こういう言葉以外の部分を
非言語コミュニケーションと呼びますが、
これを軽視している人が多すぎるんです。

 

いや軽視というか、
大事なのは奥底で分かっているけど、
LINEについ気を取られているというべきか。

 

 

これって恋愛も同じことが言えます。

 

いくらLINEで連絡しようが、
あの子のハートとの距離は縮まりません。

 

僕は付き合いたての頃ですら、
LINEなんてめったにしませんでした。
ホントに連絡事項くらいしかしなかったんです。

 

トイレットペーパーまだある?とか、
俺来週用事できた!とか。

 

マジでただの業務連絡。
だってLINEで話しても大して距離が縮まらないことが
なんとなくわかっていたから。

 

もちろん友達なんかもそうですけど、
LINEの交換くらいはするけど、
連絡なんてめったにしません。

 

それでも他のカップルが次々破局する中、
ここまで続けて婚約までこじつけたのは
リアルコミュニケーションを大事にし続けたからです。

 

だから気になる異性がいるならば
多少強引でもいいので、
無理やり直接話す機会を作ることですね。

 

例えば僕は以前好きな女の子がいたとき、
いつも学校に遅刻して行ってました。
その子は遅刻常習犯だったので、
大体授業開始5分後くらいに入り口にいれば
鉢合わせることが多いと分かっていたからです。

 

あるいは休み時間に
難癖付けてわざと近くにいってみたり。
「いやぁ~俺の席のとこ臭くてさぁ。」とか笑

 

 

正直こういうのは白々しいくらいでいいです。
人ってそんなに近寄ってきた理由なんて気にしないです。
それよりこの人は私のコト好きなのかな・・・?
って方に意識が向いちゃって、
思考の優先順位が変わってるからですね。

 

 

 

と色々書き連ねましたが、
結局会うより効果的なアプローチはないって
覚えてもらえれば幸いです。

 

それに周りがLINEに気を取られていると考えれば
あなたがリアルで会うことは
他の恋敵との大きなリードになる
とも考えられますよね。

 

人生はいつのときも戦略と実行ですよ。

 

戦略を知ってるか知ってないかじゃ
大きく違うってことです。

 

 

ではでは。

人気記事

1

こんにちは、ヒモ男です。     先日知り合いと飲みに行ったのですが、 どうやら失恋したらしくって、 この世の終わりかのような顔をしながら ダメオヤジのように飲んだくれていました。 ...

2

こんにちは、ヒモ男です。     僕の知り合いにものすごい女好きの人がいて、 付き合った女性は星の数ほど、 抱いた女は無数にいる という人がいるんです。   僕とは年がか ...

3

こんにちは、ヒモ男です。     突然なんですけど、 僕ってめっちゃコミュ障です。   男女問わず、 初対面の人と話すのはもちろん、 数度会ったことがある それほど親しく ...

4

こんにちは、ヒモ男です。     僕はおかげさまで(?) 彼女と4年の交際を経て 婚約する次第に至りました。   それでここ2年ほど 遠距離恋愛をして また同棲生活に戻っ ...

5

こんにちは、ヒモ男です。     僕は彼女と付き合って4年、 別居したり遠距離恋愛したけど、 何だかんだ楽しくやってます。   付き合い始めてから 1か月に一回以上は 必 ...

-テクニック
-

Copyright© 女性免疫ゼロの陰キャ男が恋愛メンタルをゲットして大逆転したストーリー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.