テクニック

女子との会話が苦手な男子に送るたったひとつの裏ワザメンタル

こんにちは、ヒモ男です。

 

このブログを見ている方の中には
少なからず女子との会話が苦手だという方がいると思います。
男子校出身だから話し方が分からないとか、
パリピじゃないから話しかけれないよとか、
そんな風に仲良くなるのをあきらめている方も多いかもしれません。

 

僕ももともと筆箱にクギ打たれたり、
給食の味噌汁や牛乳をぶっかけられるくらいの
いじめられっ子だったので
女子に話しかけるのはとても苦手だったし、
もちろん向こうからくることもありませんでした。

 

なんとなく嫌われるんじゃないか・・・
僕みたいなやつが話しかけたら不幸になるんじゃないか
とか根拠不明な不安を抱えてしまうんですよね。

 

でももちろんそんな気持ちじゃ
女の子は気にしてくれないし、
彼女なんか到底無理だなって思い、
色んな心理学の本を読み漁り
すごい便利なメンタルテクニックを身に着けたんです。

 

これはある意味、逆説的なアプローチなんですが、
知っていると女子に話しかけるのが
全く怖くなくなります。

 

 

 

男子が抱える潜在意識

まず初めに生まれるつき男性に備わっている
潜在的な意識についてお話しておきたいと思います。

 

それは男は男同士で群れていたい生き物だということです。

 

同じ趣味を持つ者同士、
同期の桜、
同じ高校出身同士というように、
何らかの共通点を見つけて一緒にいたいんですね。

 

言い換えると仲間意識が強いともとれますが、
それだけに仲間がいない状態だと不安になります。
「この趣味に共感してくれる人が欲しい!」
「俺の考えに賛同してくれる人はいないかな?」
というように何かと仲間を探しがちなんです。

 

僕は昔からゲームが大好きで、
高校生くらいからオンラインゲームをしていますが、
やっぱり学校内でも誰かと
その話題について語り合いたいんですよね。
新しいアイテムゲットしたとか、
スゴイ強敵倒したこととか、
とにかく分かってくれる人に話したくてたまらないんです。

 

 

 

男に話しかけるのが逃げになっていないか?

さきほども申し上げました通り、
男は男同士の仲間意識がとても強いです。

 

例えば男女3対3の合コン、
話すことが無くなったり、
場の空気が白けてしまったら
とりあえず同席していた男に話しかけますよね。
それこそ救いを求めるように笑。
「お前そういえば仕事でやらかしてたなー!」とか
「今日の服どうした?おしゃれしてんじゃん~」とか
男性側をいじりつつ場の空気を良くしようとする
ことってまぁまぁありますよね。

 

あるいは新しい部署で働き始めるとき、
最初に話しかけるのは女性より男性ですよね。
何となく同姓の方が心強いし・・・と思いつつ。
ホントはオフィスラブを望んでで、
いい子がいたらアプローチしたいなぁとか思っているのに・・・。

 

 

ですがハッキリ言ってそういうのは逃げです。
とりあえず同じ男なら大丈夫みたいな思想は、
女性から逃げるための口実になっています。

 

本質的に人間は安全安心を求めている生き物です。
できることなら毎日心配事なく過ごしたいし、
ストレスのかかることは避けたいと考えます。
だから彼女をゲットしたいとは思いつつ、
つい慣れている男仲間に逃げてしまうんです。

 

合コンで彼女ゲットしたいなら
男より女子に話しかけるべきなのは
火を見るよりも明らかです。

 

僕ももともとは逃げで男に話しかけてしまっていたタチです。
いじめられていたとはいえ、
女子よりは男子に慣れていましたから・・・。

 

でもこの思考って
恋愛という観点から見るとすごく邪魔だし、
排除すべき思考なんです。

 

 

 

あえて男を嫌いになってみる

そんな厄介な男仲間意識を取り払うべく、
あえて真逆の思考を意識します。

 

最初に逆説的なアプローチだと言ったのは、
男が抱える潜在意識である
「男は男同士で群がりたい」
を裏切るからなんですね。

 

どうやってやるのかというと、
男の嫌なところを
頭の中で思いつく限り出してみるんです。

 

例えば3対3の合コンだったら、
「この男、色々話す割には内容薄いな・・・。
自慢話とか自分の話ばかりして
相手に話振らないし、
典型的に自分だけ満足野郎だな・・・。」
という風に頭の中で非難しまくります。

 

そしたら今度は女子のいいところを
頭の中で考え出します。
「あの子はこんな嫌な奴の話を
うんうんと言いながら聞いてあげてるし
なんていい子なんだろう。
しかも身なりもしっかりしているし、
今回の合コンにもやる気があって参加しているんだな。
よし、僕が彼女に話を振ってあげて
自己満男のトーク地獄から脱出させてあげよう!」

 

そうすればいくら男いえども、
嫌な奴だと思えば話したくないし、
それなら女子のほうがいいだろうと考えますよね。
これはあくまで一例なんですが、
日常のあらゆるところで応用できれば、
女子への苦手意識がなくなっていくと思います。

 

ちなみに僕の場合は、
過去にいじめられてたという経験から

「男って強さを見せつけたいがために
誰かを傷つけるロクでもない生き物だ。
全員がそうだってわけじゃないが、
そういうヤツがいるのも事実だ・・・。
それに対して女子はどうだろう?
確かに僕のことは嫌いかもしれないが、
少なくとも殴ったり蹴ったりしてくることはないよな。
ホントは嫌いというより関わったらマズイという
保護的な観点から僕を見ているんではないか?
だったら女子といた方が楽しいよな・・・。」

という風に考えていました。
これがいいかどうかはさておき、
女子に(逃げるように)話しかけていたのは
想像に難くないと思います。

 

 

 

理想は「男子=女子」の価値観

ここまでは男子のダメなところを上げることで
女子のほうがいいだろうと思いこむ方法を
お伝えしてきました。

 

ですが、理想形はそうではないんです。
理想形は「男子=女子」という考え方です。

 

例えば漫画の話をするとき、
「漫画は男同士で話した方が面白いと思っていたけど、
女子の独特な観点からの感想も面白いぞ。」
という具合です。

 

僕は女子とToLOVEるという
少しエッチな漫画について話したことがあります。
実はあの漫画って結構女性目線でも面白いらしく、
全くドン引かれることなく、
あの漫画は面白いよね~という話をしました。
「ToLOVEる談義って女子としても面白いじゃん!」
ってその時は思いましたね。

 

 

要するに、
男子も女子も変わらんよな
って思うことが何より大切なんです。
男子だからどうだとか、
女子だからどうだとか、
男女を理由に特別視しないことです。

 

最初の仲間意識の話で言うなら、
女子に苦手意識があるあなたは

「仲間にするなら、女子より男子」
から
「仲間にするなら、男子でも女子でもいい」

と考えるようにしてくださいね。

 

 

人気記事

1

こんにちは、ヒモ男です。     先日知り合いと飲みに行ったのですが、 どうやら失恋したらしくって、 この世の終わりかのような顔をしながら ダメオヤジのように飲んだくれていました。 ...

2

こんにちは、ヒモ男です。     僕の知り合いにものすごい女好きの人がいて、 付き合った女性は星の数ほど、 抱いた女は無数にいる という人がいるんです。   僕とは年がか ...

3

こんにちは、ヒモ男です。     突然なんですけど、 僕ってめっちゃコミュ障です。   男女問わず、 初対面の人と話すのはもちろん、 数度会ったことがある それほど親しく ...

4

こんにちは、ヒモ男です。     僕はおかげさまで(?) 彼女と4年の交際を経て 婚約する次第に至りました。   それでここ2年ほど 遠距離恋愛をして また同棲生活に戻っ ...

5

こんにちは、ヒモ男です。     僕は彼女と付き合って4年、 別居したり遠距離恋愛したけど、 何だかんだ楽しくやってます。   付き合い始めてから 1か月に一回以上は 必 ...

-テクニック
-,

Copyright© 女性免疫ゼロの陰キャ男が恋愛メンタルをゲットして大逆転したストーリー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.