女性心理

ゴリゴリのキツイオタクだったけど、彼女はできるしリア充は楽しい

どもども、ヒモ男です。

 

今回は昔(今もそうですが)オタクだったころの話をします。

 

 

僕は昔ゴリゴリのオタクでした。
何オタクかっていわれると難しいんですけど、

 

FPSゲームを夜中までイライラしながらやっていて、
髪は天パ剛毛の伸び放題で、
100kg間近まで太っていて、
深夜アニメが好きで、
Twitterでイキっている、
そういうオタクでしたw

 

主に中学校後半から高校までの3年くらいだったんですけど、
まぁ絵にかいたようなオタクでしたw

 

 

当時、秋田の実家に住んでいた僕は
周りが田舎でゲームセンターなどの
娯楽がなかったので
家に帰っては深夜までゲームしていました・・・。
それもFPSゲーム。
言葉は悪いですが、
ネットでは「キッズ」と呼ばれる部類になってました。

 

ちなみにこの頃の僕を
家族は本気で心配していたらしい・・・。
彼女はもちろん、
友達もいないと思ってたとか笑

 

 

 

そんなキモオタ野郎の僕ですが、
今は彼女と同棲していて
湯気が出るほどアツいリア充生活しています。

 

僕は周りにも羨ましがられる存在だし、
やろうと思えば、
インスタグラムにイチャイチャ画像を
簡単に載せることができるくらいです。
(そんなの見えっぱりなだけなのでしませんが。)

 

 

 

オタクでもモテるという真実

僕は根っからオタクでいかにもオタクな
容姿・思想・趣味をしていたんです。

 

そりゃあTwitterでも周りはオタクばっかりだし、
数少ないリアルの友達もオタクだし、
意見が合うのはオタクだし・・・

 

よく環境が自分を形作ると言われますが、
まさにその通り。
自分の周りって同じ思想の人しか
集まらないってのは本当なんですね。

 

 

しかし。しかしです。
Twitterなどでオタクだなぁと思って絡んでみると、
意外と彼女が普通にいたり、
リア垢のほうでは陽キャしてんじゃん!!
という人もいるんです。

 

実際顔まで見たことある人だと、
当時FPSゲームで一緒にキッズしてた人が
ビジュアル系ばりのイケメンだったとか・・・。

 

実際僕も交際4年目になる彼女がいるわけですから、
全くモテないってわけではないと思うんですけど、
オタクがモテないっていうのは
どうやら間違いのようです。

 

 

何が違う?モテオタクvsモテないオタク

アニメの話をしだしたら止まらない、
ゲームは真夜中までやっちゃう、
美少女ゲーム大好き!
なオタクにはモテるモテないひとの境界線が存在する。
それは一体何なのか。

 

僕がこの両者の違いを考えるに、
心が広いかどうか
が大きく関わってるのかなと思います。

 

 

モテないオタクの場合

世間で思われているように、
モテないオタクっていうのは
基本的に心が狭いです・・・。僕もでしたが。

 

例えばアニメの話。
僕はガンダムっていうアニメが大好きです。
ガンダムのことが分かってない人が
お台場のガンダムを見にいってはしゃいでいるのを見ると、
「ガンダム知らねえヤツはくんじゃねえ!」
とか思ってました笑。
どうせならゲルググがよかったよなー
そしたら素人が来ないで済むのになぁ!とかね。

 

 

オタクによく見られる傾向ですが、
自分の好きなものに新参者が入ってくることを
ひどく毛嫌いします。
「わかってねえヤツはくんな!」
という具合に。

 

ニコニコ動画や2ちゃんねるでは
よく「3年ROMってろ」という言葉が使われますが、
まさにそれを象徴していると思います。
(※ROM・・・コメントなどをせず黙って見ること)

 

いい言い方をすれば
仲間意識が強いともいえるんでしょうけど、
それ以上に排他的・差別的な側面強いと思います。

 

このような集団心理が働くので、
結局誰もがそれが正しいと思い込んでるわけで、
どんどん女子から孤立していくんです。

 

加えて女子にモテるとか、もう無理w
女とかいらねえわ、○○ちゃん(アニメキャラ)と結婚する!
とか言い出す始末なんです。

 

現実逃避のような思想が当たり前になるので、
どんどんモテない同士で群がるし、
どんどん深く深く負のスパイラルに入ります。

 

この集団心理というのは恐ろしくて、
思想や考え方が似るばかりか、
服装とかしゃべりかたまで
まさにモテないオタクそのものになるんです。

 

環境が自分を形作るっておそろしいです・・・。

 

 

モテるオタクの場合

ではモテるオタクはどうなのか
というと
心が広く新参者にも優しい人が多いです。

 

これってどういうアニメと聞けば
わかりやすく教えてくれるし、
自分のこだわりも押し付けないので
誰でも親しみやすいんですよね。

 

それに集団への依存というのが
モテないオタクほど強くないと思います。
みんな地味な服着てるから
僕も地味な服着なきゃ・・・
とは思わないんですよね。

 

おれはモテたいから
ちゃんとした服買うぞと言って
清潔で小綺麗な格好をするのが
モテるオタクです。

 

 

しかもモテるオタクって
人との距離の取り方が上手だったりします。
モテないオタクと会話するときは
気をつかって恋愛話はしないようにしたり、
キモオタトークにもノッてくれるんです。

 

女性と会うときはそんな話ないし、
愛想よく誰でも知ってるような世間話をします。
だから周りからも高評価を得られるんですよ。

 

 

 

女子に聞いて分かったオタクの見られ方

僕もそういう排他的なオタク思想は捨て、
心の広いオタクを目指していたからこそ、
いまだに彼女とうまく付き合えているのですが、

 

あるとき、彼女に
「オタクな奴ってどう思う?」
という話をしたんですが、
いがいな返答が返ってきたんです。

 

「オタクかどうかはそんなに重要じゃない」

「普通だったらそんなに問題ではない」

 

とのこと。
僕はたまに雑談がてらプロ野球の話とか、
アニメとかガンダムとかの話を熱弁していますが、
それ自体はあまり気にしてないみたいです。

 

また普通っていうのは
無難に小綺麗な格好して普通の接し方をすれば
オタクだろうが何だろうが関係ないっていうことでした。

 

 

これから分かることなんですが、
モテるためには趣味とかって全然関係ないんですよね。
よくモテるために趣味始めるとか、
趣味を通じないと付き合えないとか言いますが、
それがモテるモテないにかに関しているかというと
そこまでではないと思うんです。

 

だってそれはあくまで出会いの部分だし、
大事なのは出会ってからどうするか、ですから。

 

世の中全般に言えることなのですが、
出会い方を気にする人って多すぎると思うんです。
合コンとか婚活は恥ずかしいからダメとか、
マッチングアプリは必死すぎるとか、
何で出会い方を気にするんだろうと思います。

 

カップルにとって出会いっていうのは
そんなに重要ではないと思います。
それより付き合い始めて過ごした日々の方が
圧倒的に長くて充実しているわけだし、
満足度も高いからそっちが重要だろってね。

 

だいたいそんなに恥ずかしいなら
人に言わなきゃいいだけの話で、
入り口の段階で
「こうじゃなきゃダメ!」
というのはモチベーションを損なうだけです。

 

 

話がだいぶ逸れてしまいましたが、
要するにオタクかどうかで
モテないと決めつけるのはおかしくないか
っていう話です。

 

別にアニメを見るのをやめて
オタク卒業しろ!とは言いません。
むしろいい趣味なんだから
持ち続ければイイと思います。

 

ただし、いきすぎているのは
女性や他の人に煙たがられます。
だからキモオタって思われないような
至って普通のシンプルな格好と
振る舞いを心がければモテるんです。

 

 

 

オタクが恋愛で勝つための3つのポイント

1.清潔なファッション

いかにもオタクオタクなファッションはダメです。
人は第一印象をとても重要視してますから、
いかにもなチェックの上着とかはNGです。

 

それから身なりも清潔にしましょう。
爪をしっかり切って、
無精ひげもしっかり剃って、
髪は短めにそろえるように。

 

 

ちなみに僕もおしゃれにはいまだにサッパリです。
ですからお洒落な芸能人とか、
街中で見たモテそうな人の服装を真似してます。

 

といってもブランド品は持ってませんよ。
高いし、見てもよくわからないから。
だからお洒落な服装の色合いと
上下のバランスだけ意識してます。

 

例えば最近なら裾がシュッとしている
スパッツ的なズボンが流行っているみたいなので、
しまむらで2000円のものを買ってはいてます笑

 

もちろんしまむら製だとは
誰にも気づかれません。
人って見ているようで
あんまり見ていないんですよ。

 

 

2.レディファーストの親切心

いつなんどきもモテたいなら
レディファーストです。

 

人間は親切心を裏切れない生き物です。
だから恩には恩で返したいんです。
恩を返すということは
少なからず相手に好意を持つということですから、
恋愛対象にしてもらうには欠かせないです。

 

こういうことを話すと、
「女はすぐに優しくされてもらいやがる、卑怯だ!」
とか言い出すオタクがいます。

 

でも男だって親切されたら
素直にうれしいじゃないですか。
女性にされたらなおのことです。

 

あくまで出会いの段階で優しくするのであって、
付き合いだしたら一緒に助け合うなかになればいいんです。
ずーっとヒモにされているようであれば
別れればいだけで、
大事なのは出会いよりそのあと。

 

 

3.シンプルに話す

上2つができている時点で
かなりの女性に好かれるとは思いますが、
さらにオタクならではのポイントを1つ。

 

好きな趣味はなに?
とかそういう話になると、
自分のオタク熱が暴走しちゃいますよね・・・!

 

ついつい早口でしゃべってしまいたくなるところですが、
そこは抑えてわかりやすく説明しましょう。
相手にもわかる身近な例で言うことです。

 

僕はどうしてもプロ野球の話をしたいときは、
イチローとかマー君といったビッグネームを出します。
「巨人のピッチャーがスゴイことしたんだ!
あの記録はマー君以来の大記録らしいね~」
というように。

 

どうしてもオタクは
込み入った内容のマニアックな内容を
話してしまいたくなりがちです。
オタク同士なら盛り上がるけど、
素人からしたら???となるので、
分かりやすくシンプルするのが重要です。

 

いい例はアメトーークです。
アメトーークで特に自分が関心のない回を
見てみると参考になると思います。
僕も魁男塾は全く知りませんでしたが、
あの回見てからすっかり大ファンですからね。

 

 

 

オタクを取り巻く女性への恐怖心

さて、最後に今回の話の核心に迫りたいと思います。
ここ重要なのでしっかり見て下さい。

 

 

女性不信に侵される!

僕もそうでしたが、
オタク界隈というのは
女性不信という独特の特性を持っています。

 

アニメのように可愛くて素直じゃない!
だから女きらい!という人は珍しくなくて、
2ちゃんねるのスレッドでは
男尊女卑のタイトルが目立ちます・・・。

 

それもまた集団心理で、
みんなで寄ってたかって
女ってやっぱクソだわーと
互いに言い合うから
余計に女性から遠ざかるし、
孤立した集団へとなってしまうんです。

 

 

何度も言うように、
環境が自分を形作るのです。
だから周りが女性嫌いな場所に行けば、
自分もまた女性嫌いになってしまうのです。
周りがみんな言うから
それが全く正しいと思い込んでしまうのです。

 

でも、
心の中でこんなんじゃいけないな・・・、
とどこからともなく湧いてくる焦りを感じている
人もいるんですよね。

 

 

独身、童貞・・・。一生これでいいの?

 

一生独身とか一生童貞とか魔法使いとか・・・
そういうキーワードが自分を焦らせるんです。

 

 

焦った時、人は大きく分けて2パターンの行動に出ます。

 

1つは女嫌い集団へ戻って
互いに慰めあおうとして
問題から目を背け忘れようとする人。

 

もう1つは解決へ向けて
合コンの参加申請などして
一歩でも前へ踏み出そうとする人。

 

 

 

どちらがいいかなんて
言わなくても分かりますよね。

 

もちろん一生独身という選択肢がダメとは言いません。
多様化した社会ですから、
生きる道は様々ありますからね。

 

ただ僕は彼女と付き合うようになって、
ホント大げさでもなんでもなくて、
人生が激変しました。

 

 

リア充生活は楽しくて仕方ない

 

休日はゲームするしかなかったのに
カワイイ女の子とデートに行けるし、
誰もがうらやむリア充写真も
全く気にならない。

 

生まれてこのかた、
友達があまり多くなかった僕にとっては
まさにかけがえのない経験です。

 

逆に今もまだ
暗黒のような暗くてよどんだ
ゲーム廃人生活をしていたらどうだったろう・・・
と考えると恐ろしくなります。
きっとキレながらFPSゲームやってて、
Twitterとかで女性批判してたんだろうなぁと。

 

 

彼女と付き合えたってことで
単純にリア充生活できるってだけじゃなくって、
心が広くなったと思うんです。
昔だったらすぐキレてたのに怒らなくなったり、
人を見下したり批判もしなくなった。

 

こんなこと彼女の前でやったり言ったりしたら
嫌われるだろうな~という意識が働くからか、
自然と善人の行動を取ってしまうんです。

 

だからホントに勇気出して
あのときデート誘って良かったな・・・
と心の底から思ってます。

 

 

自分語りが長くなってしまったので
話を戻しますと、
女性嫌いを払拭したら楽しいぜ
っていう話です。

 

僕も以前は女性嫌いの一派だったし、
イチャイチャしている女性見たら
裏があるとかユルいとか
罵詈雑言をならべていました。

 

でも今実際お付き合いする立場になると、
行動の裏側が見えてくるし、
女性って面白いなって思うこともあるくらいです。

 

人間って「腐ったミカン」を信じてるんですよね。
100人いる集団のうち1人でも悪人だったら
あとの99人もみんな悪い奴だと思い込むみたいに。
その対象が女性だったり、
韓国人だったり、他のオタク集団だったり。

 

みんな必ず悪い奴っていう思い込みは
非生産的以外の何物でもないので
やめたほうがいいです。
それに人間そんなにくさっちゃいません。

 

やっぱり何事も体験しないと分からないもので
体験して初めて99人は悪い奴じゃないかもな
と思い始めるんです。

 

だからオタクだらけの閉鎖的空間から
一歩抜け出してみるといいと思います。
別にオタクをやめる必要はありませんが、
考え方や思想は変える必要があります。

 

人間性にも秀でたオタクだったら
どれだけ人生快適なことか。

 

 

間違いなく今より楽しい人生ですよね。

人気記事

1

こんにちは、ヒモ男です。     先日知り合いと飲みに行ったのですが、 どうやら失恋したらしくって、 この世の終わりかのような顔をしながら ダメオヤジのように飲んだくれていました。 ...

2

こんにちは、ヒモ男です。     僕の知り合いにものすごい女好きの人がいて、 付き合った女性は星の数ほど、 抱いた女は無数にいる という人がいるんです。   僕とは年がか ...

3

こんにちは、ヒモ男です。     突然なんですけど、 僕ってめっちゃコミュ障です。   男女問わず、 初対面の人と話すのはもちろん、 数度会ったことがある それほど親しく ...

4

こんにちは、ヒモ男です。     僕はおかげさまで(?) 彼女と4年の交際を経て 婚約する次第に至りました。   それでここ2年ほど 遠距離恋愛をして また同棲生活に戻っ ...

5

こんにちは、ヒモ男です。     僕は彼女と付き合って4年、 別居したり遠距離恋愛したけど、 何だかんだ楽しくやってます。   付き合い始めてから 1か月に一回以上は 必 ...

-女性心理

Copyright© 女性免疫ゼロの陰キャ男が恋愛メンタルをゲットして大逆転したストーリー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.