テクニック

場数を踏むだけではダメ。彼女づくりに欠かせないたったひとつのもの。

こんにちは、ヒモ男です。

 

さっそくですが、
みなさん、彼女づくりしてますか?
最近では恋人を見つけることを恋活というらしいですが、
一体どれくらいの人が恋活に満足しているでしょうか。

 

付き合ったけど思ってた人と違った・・・
なかなか理想の人が見つからない・・・
すぐに他の人に奪われてしまう・・・、
など恋の悩みは老若男女時代を問わず多いものです。

 

 

こういう話をすると、
まだ経験が浅いからとか、
女性に慣れてないからとか、
そういった話をする人が出てきます。

 

すなわち「場数」が足りてないからダメだ、と。

 

でも彼女をすんなり作れる人はたくさんいます。
人生で初めて付き合った人が奥さんなった
という人も少なくないですよね。
初めて付き合ったんだから
場数は明らかに踏んでいないです。

 

少し厳しい言い方をしてしまいますが、
彼女ができない原因は場数ではありません。

 

では彼女ができる人とできない人の
決定的な違いは何なのでしょうか?

 

 

 

日本人が陥りがちな根性論の美徳

日本人にはめちゃくちゃ厄介な習性があります。
実は恋愛においてもそれに踊らされている男性は多くて、
前に進んでいるようで全く進歩してないことが多いです。

 

その厄介な習性とは根性論です。

 

古くから日本人は根性論を美徳としてきました。
何でも一生懸命やる人は立派で
たとえ結果が出なくても頑張り続けろ!
みたいな精神論です。

 

つまり日本人は
頑張ったら頑張った分だけ
必ず結果がついてくると信じてしまっています。

 

 

パーキンソンの法則のワナ

確かにある一定の量をこなすことは大切だと思います。
掛け算の九九の暗唱とか、
それこそひらがなカタカナの読み書きだって
数こなしたからできるようになりましたからね。

 

でもそれは正しい努力なんだけど、
ときに人は間違った努力をしてしまうことがあります。

 

例えばダイエットして痩せるぞ!と言ってるのに
痩せる効果のないストレッチばかりやっていたり、
間違った方法のスクワットをやっていたり。
あげく痛めたからやめたとなったら
「努力したのにうまくいかなかった。なぜだ。」と
思ってしまうことでしょう。
寝る間を惜しんでがんばったのに・・・!と
やるせない気持ちになります。

 

このように怪我してまで間違ったことを続けてしまうのは
たくさんやったこと=いいことだという
意識が働いているからです。

 

これはパーキンソンの法則というのですが、
たくさんやったから必ず自分は間違ってないと
誤った認識をしてしまうのです。

 

 

生活に浸透しまくっているパーキンソンの法則

このとても厄介なパーキンソンの法則は
日本人の生活に深く深く
こびりついています。

 

その典型的な例と言えるのが
今問題になっている
過労問題」。

 

死者が出ていることでいよいよ
法改正を強め残業を禁止するようにしましたが、
そもそも残業したからいい結果が出るだなんて
誰が思ったのでしょうか?
たくさん働いたから必ずいい結果が出るだなんて
誰が考えたんでしょうか?

 

僕らは生まれたときから
残業=みんなのためにがんばっている=えらい
と自然と刷り込まれてきました。
それが意味のない努力であろうとも、
どんなことでも続ければ結果が出るって。

 

でもその結果が過労死だし、
サービス残業として現れるのです。

 

 

 

やっても成果が出ないジレンマから脱するには

このように日本人が美徳としている
根性論のせいで時間とお金を無駄にしてしまっている
人は山ほどいます。

 

僕ももともと顧問が鉄パイプで殴る柔道部の出身なので
まさに根性論至上主義のメッカで育った人間です。

 

当然ゴリゴリの体育会系ですので、
練習はたくさんします。
時には学校終わりから夜10時まで練習させたり、
格上の社会人にボコボコにされることもありました。

 

でも実際そんなやらされているだけの環境で
数こなしても意味が無いわけで、
社会人にボコボコにされても学ぶものなんて無いんです。
みんな鉄パイプで殴られるのを恐れて
必死に顧問の顔色をうかがいながらもがき続けるだけなんです。

 

しかもあるとき県大会で強豪校の生徒と話した時
お前のとこの部活は大変だなーなんて言われてしまいました。
どうやらその強豪校では
顧問はほとんど指導せず
みんなが自主練で強くなっているそうです。

 

自分で考え、試行錯誤し練習するから、
とても濃い内容の練習をしている。
だから強豪校なんだなぁって実感しました。

 

 

話が逸れてしまいましたが
このようにたくさんやってるのが
必ず成果につながっているってわけじゃないんです。

 

 

変える勇気を大切に

正直それまでガムシャラにやってきたことを
いきなり変えるのってすごく
勇気のいることなんです。

 

だってそれまでの努力が
水の泡になっちゃうんじゃないかと考えてしまいますから。

 

ですが、いくらやっても兆しの見えないこともあります。
成長している感じがしない
進歩している感じがしない
そう思ったときは勇気を出して
変えてみることです。

 

今までより苦労するんじゃないかと
思ってしまうかもしれませんが、
実際は変えた方が成果が出るのが早いことが多いです。

 

僕も実はモテようと必死で
意味のないところに余計な労力を割いていた身です。
パリピの集団に混ざってみたり、
派手なファッションで女子の気を引こうとしたり、
何でも流行のものを取り入れようとしたり、
今思うとなんだそれ笑。ってなっちゃいます。

 

でもそれじゃ意味ないと思って
もっとモテるための本質的なところを学んだら
あっという間に彼女ができました。
なんであんなことをしてしまったんだと
素直に反省しています。

 

 

 

少ない労力で彼女をゲットする方法

ではあなたがこのような場数至上主義者
にならないためにはどうすればいいのか。

 

まず初めに自分がどんな彼女が欲しいのか明らかにして
どんな面白い話を持っているのか確認して
気になる相手がどんなことに興味を持っているのかリサーチして
どんなアプローチが喜ばれるか・・・など
の作戦を練ることです。

 

すなわち、戦略です。

 

戦略こそがすべてを解決させ、
あなたを根性論のワナから救い、
最短効率であなたを彼女と結びつけます。

 

 

恋愛こそ戦略で攻略すべし

いやいや恋愛で戦略とかおかしいでしょ、
ファーストインプレッションの方が大事でしょ。
と考える人もいるかもしれません。

 

でもよく考えてほしいんですけど、
誰かを喜ばせようと思ったら
誰だって少なからず戦略を立てますよね?

 

 

例えば気になる子がディズニーランドに行きたいと言ってきたら、
まずいつなら休みが合いそうか考えます。
どうしても合わせられなさそうなら休日出勤して
なんとか会えそうな日を作り出します。

 

さらにディズニー帰りに夕食を食べるために
おしゃれなレストランを探しに行きます。
彼女の前でかっこよくふるまうために
一回一人で入店して予行練習するかもしれません。

 

レストランで夕食を食べるとなったら
おごらなけらばいけないので
財布には多めに入れておかなければならないから
何日までにいくらATMからお金下さなきゃな。

 

となればこの場合男性がすべき行動は
・休日出勤して休みを作る
・レストランに一人で入店する
・ATMでお金をおろす
というようになり、
やるべきことが明確になります。

 

 

未来を予測してどうすれば喜ばれるか、
この後はどうするのか、
もしダメだったら他の方法はないのかなど、
人間にとって戦略は必要不可欠です。

 

戦略がないと先程の例でいうと
余計にファッションにお金をかけてしまったり
余計にデートスポットを探してみたり
本来必要なことに目がいかず、
不必要なことに労力を割いてしまいます。

 

だから場数ではなく戦略を練ること。
どんな人にアプローチするか、
どんな話を使ってトークするか、
どんな話題が受けるのか、
しっかり準備しておくことです。

 

 

戦略がないというのは地図を持たずに旅に出るのと一緒。
まずはリサーチや勉強をして地図を描く。
それをもとに旅をするから目的地に行けるわけです。
ワンピースでもルフィーは地図を持ってます。
地図を持ってるからワンピースを探せるんです。

 

あなたも根性論至上主義に踊らされず、
地図を描いて行動してくださいね!

 

人気記事

1

こんにちは、ヒモ男です。     先日知り合いと飲みに行ったのですが、 どうやら失恋したらしくって、 この世の終わりかのような顔をしながら ダメオヤジのように飲んだくれていました。 ...

2

こんにちは、ヒモ男です。     僕の知り合いにものすごい女好きの人がいて、 付き合った女性は星の数ほど、 抱いた女は無数にいる という人がいるんです。   僕とは年がか ...

3

こんにちは、ヒモ男です。     突然なんですけど、 僕ってめっちゃコミュ障です。   男女問わず、 初対面の人と話すのはもちろん、 数度会ったことがある それほど親しく ...

4

こんにちは、ヒモ男です。     僕はおかげさまで(?) 彼女と4年の交際を経て 婚約する次第に至りました。   それでここ2年ほど 遠距離恋愛をして また同棲生活に戻っ ...

5

こんにちは、ヒモ男です。     僕は彼女と付き合って4年、 別居したり遠距離恋愛したけど、 何だかんだ楽しくやってます。   付き合い始めてから 1か月に一回以上は 必 ...

-テクニック
-

Copyright© 女性免疫ゼロの陰キャ男が恋愛メンタルをゲットして大逆転したストーリー , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.